糸魚川うまいもん会って?

「糸魚川うまいもん会」 結成の目的と背景 & 活動の経緯

umaimon.jpg
 新潟県糸魚川市は、新潟県の西端に位置する人口約4万8千人のまちです。
 当市は多くの地方都市同様、少子高齢化、過疎化の進行、産業の衰退に歯止めがかかっていません。 当市を訪れる観光客も、この10年間で約100万人も減少しています。一方で、当市は平成21年に日本で初めて「世界ジオパーク」に認定され、 2015年春には、当市に北陸新幹線が開通する予定となっており、 この大きなチャンスを生かして観光振興、地域活性化を実現する取り組みが求められています。

 その観光振興には、「地域ならではの食の魅力」 が重要な要素の一つと言えますが、 当市には「糸魚川と言えばこれ!」 と言えるような食がなく、観光振興の弱点となっていました。 そこで、平成21年8月、地域ならではの食の魅力づくりと、食によるまちおこしを目指して、 市内の飲食店や旅館・ホテル等の有志で 「糸魚川うまいもん会」を結成しました。

 当初、地域にもともとある食に光を当てることも検討し、調査・研究を重ねましたが、 他地域との差別化が困難であるという結論に至り、 地元の食材を使った新しい料理を創作する方針に転換しました。 新料理を創作するに当たっては、その試行錯誤の末、当会が創作したのが、日本海で獲れる地物のイカを使い、 イカ墨で真っ黒に仕上げた 「糸魚川ブラック焼きそば」 です。
月徳飯店.jpg
 イカ以外に使う具材や味付けは提供店によって異なり、食べ比べ・食べ歩きが楽しめる料理にし、 滞在時間の長い観光、リピーターの獲得に寄与するようにしました。 また、糸魚川沖では一年を通して様々な種類のイカが獲れるため 季節等に影響されることなく提供できる点や、 糸魚川の大きな魅力である「海の幸」を楽しんでいただくきっかけにもなる点も考慮しました。

 平成22年9月に11軒だった提供店も、平成23年7月には27軒に拡大したほか、 イベント出展時に調理等の協力をする市民サポーター 「応麺隊」 が60名以上となるなど、着々と地域に定着してきています。 また、飲食店の営利ではなく 「まちおこし」 という目的の下、 糸魚川市並びに新潟県糸魚川地域振興局との協働により、官民一丸となって活動を展開しています。

糸魚川うまいもん会活動

geodon_04.jpg現在、糸魚川うまいもん会では「糸魚川ブラック焼きそば」を【ブラック】、南蛮エビを使った料理の「レッド」、めぎすを使った料理の「ホワイト」を展開中です。糸魚川にある本当にうまいもんを使った料理を提供していきます。